FC2ブログ

素人写真とパソコン弄りのブログ

いつまでたっても素人の写真集

昨日、孫あてに小包が届きました。

送り主は長崎の母親、中身は「かんころ餅」・・・結構な量が入っていました。

我が子にではなく、曾孫への贈り物です。

先日帰省した時に「なんで連れて来んかったのか?」と、ご機嫌斜めでした(笑)

孫は、バァーちゃんたらしで、手を握り歌を歌ったり、話し相手になったりしますので

どちらの曾祖母にも可愛がられます。

 

さて、「かんころ餅」ですが、拙ブログにも何度か登場していますので

ご存じの方もおられるかと思います。

ネットで検索すればゴマンと出て来る、長崎の郷土菓子?です。

 

昔は、どこの家庭でも自家製のかんころ餅を造っていましたが

高齢のため、さつま芋の栽培を止めた為に、最近は餅屋さんでの

購入が多いようです、餅は餅屋で・・・と云うことらしいです。

 

餅屋さんも色々ありまして、味も甘みも違います。

最近は、甘みを加えたものが好まれるのか、「昔ながらの味」が少なくなり

不自然な甘みがあります。

基本は、さつま芋の甘みだけ、これがイイのですが・・・。

 

手間暇は掛かりますが家庭でも造れますので、興味がある方は

レシピを検索してみてください。

手間暇かかるのは「かんころ」の作り方です。

さつま芋の皮をむき、5mmの厚さに切って湯がきます。

これを天日に干します、白い粉を吹いてきたらOK牧場です。

さつま芋の品種にもよりますが、砂糖は入れない方が良いかも?

湯がいた後の、お湯を煮詰めると「芋アメ」になります。美味しいですよ。

 

かんころ餅は、「長崎の郷土菓子」と書きました、ネット通販でも高価で

売られていますが、基本「貧乏人の食べ物」です(笑)

発祥の地、西彼半島、五島列島・・・どちらも昔は貧しい農漁村

そういうところで、冬の保存食として受け継がれてきた食べ物です。

そういう素朴な食べ物が、子供たちも孫も大好きで「屁餅」と

言いながら喜んで食べます(笑)


 _V0A0003191221.jpg

かんころ餅です。

売られている物は随分と小さいですが、自家製は倍くらいの大きさに

造ります。


 _V0A0007191221.jpg

保存は冷凍庫に保存します。

常温で保存すると、カビが生えます。

昔は、そんなことなかったのですが・・・

 

 

☟ドラマ「かんころ餅の島で」・・・全編見たら、多分あなたは泣きます。

 

1985年に造られた、今となっては古いドラマで画像も良くありませんが

そういうことを割り引いても、感動のドラマだと思います。


スポンサーサイト




  1. どうでもいい写真と話
  2. / comment:6
  3. [ edit ]

  1. 2019/12/21(土) 14:56:14 |
  2. URL |
  3. tor
  4. [ edit ]
こんにちは。
先日は久々に外海に帰られたようですね。
コメント欄が閉じられてましたので
コメントできませんでした。
私たちが行った時もトンビが
孫の持っていたお菓子をさらっていきましたよ。
私は長崎県の「にこり」という広報誌送ってもらっているのですが
今月号に埼戸の伊勢海老が紹介されていました。
今回の「かんころ餅」も懐かしいです。
有明海を隔てた島原や
熊本では天草でまだ購入できますよ。

Torさんこんにちは

  1. 2019/12/21(土) 15:19:22 |
  2. URL |
  3. イクジー
  4. [ edit ]
コメントありがとうございます。
トンビはお菓子だけ持って行くのなら実害はさほどありませんが、一応猛禽類ですから嘴も爪も「凶器」で怖いですね。
数は多くないですが、上空を旋回して狙っています。

崎戸は大島に橋が架かり随分便利になりました、景色は海ばかりで大したことありませんが豊富な魚介類は魅力です。
伊王島もありますが橋が架かり、旅館なども出来たようですが予約が難しいようです・・・崎戸なら、そうでもないのかなとと思います
車なら、長崎からも佐世保からも3時間あれば楽勝だと思います。

かんころ餅

  1. 2019/12/21(土) 21:30:12 |
  2. URL |
  3. ちゃもちゃも25
  4. [ edit ]
懐かしいなぁかんころ餅。私も大好きでした。これは長崎県など西九州の特産なのでしょうかね。学生の頃帰省してこれを学生寮に持ち帰ると他の九州の各県出身者は珍しがっていました。もう何十年食べてないだろう。食べたいなぁ。
常温で放っておくとカビが生えるというよりもネマッていましたね。

ちゃもちゃも25さんこんばんは

  1. 2019/12/21(土) 21:42:34 |
  2. URL |
  3. イクジー
  4. [ edit ]
昔は、自家製のさつま芋を切り、湯がいて寒風に晒して作っていましたが、今は殆どが餅屋さんで買うようになりました
さつま芋は、やせた土地で肥料も堆肥くらいで栽培できました、まさに貧乏人の食糧です
そのさつま芋を、少し加工して少ないもち米で「餅」にする・・・素晴らしい「貧乏人」の知恵だと思います。
その貧乏人の食材「かんころ餅」が高価で売られいます(笑)アマゾンです☟
https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%87%E4%B9%85%E5%B3%B6%E3%81%8B%E3%82%8F%E3%82%80%E3%82%89-%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%93%E3%82%8D%E9%A4%85/dp/B007GM9JWU
確かに手間暇かかる食糧ですから、妥当な価格でしょうか。

かんころ餅

  1. 2019/12/22(日) 18:37:55 |
  2. URL |
  3. よね
  4. [ edit ]
長崎県に友人・知人が居ないせいでしょうか? かんころ餅は食べたことがありません。
茨城の干し芋は何度かいただき、その素朴な美味しさに感動したことがあるので、同じようなものかと思ったのですが、写真やネットで作り方を見ると、全く違うものでした。

最近はサツマイモにもいろいろな種類があるようで、売っていますが、CMほどは美味しくないです(>_<)
私のオリジナルかんころ餅風は、小餅を水に漬けて保存したものに飽きた時、サツマイモを乱切りしてチンしたものとお餅をチンしたものをよく混ぜ合わせ、ひとくち大のお団子にしてきな粉をまぶして食べます。

「かんころ餅の島で」の映画は… 先程じっくり拝見し… イクジーさんの予想どおり泣きました(--;)

よねさんこんばんは

  1. 2019/12/22(日) 19:18:28 |
  2. URL |
  3. イクジー
  4. [ edit ]
「かんころ餅」は、色々バリエーションが出てきました、これも商業ベースに乗ったからだと思います。
個人的には、「かんころ」と「もち米」だけで造った物以外は、「かんころ餅」と認めていません(笑)
ポイントは「かんころ」の作り方だけです。
蒸すのではなく湯がいて、天日に干す・・・これだけです。乾燥すると白い粉が噴き出てきたら完成です。
寒風が吹く初冬の時季が最適なのだろうと思います。
そのまま焼いても美味しいですよ。

「かんころ餅の島で」は、3年くらい前に見たことあるのですが、正確に覚えていなくて、探し出すのに四苦八苦しました(笑)
昔はテレビも、良質のドラマを作っていましたが最近は見たいと思うものがありません。




 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

イクジー

管理人:イクジー
イクジーブログへようこそ!
ようこそお越しくださいました、心から歓迎します。
基本的に、「群れない、媚びない、驕らない」を生きる信条としております
宜しくお願い致します。

ここは素人写真と情弱ジジイのパソコン情報のブログで、画像は毎回アップしますがたまにしか撮れません。
また、パソコンに関する情報を掲載しますが、鵜呑みにして実行しないようにお願いします。
実行する際は、信用が置けるサイトの記事を自己責任で実行してくださいませ。
PCのハード、システムに変更を加える際は、全て自己責任でお願いします。

シンプルアーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

br br

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -