FC2ブログ

素人写真とパソコン弄りのブログ

いつまでたっても素人の写真集

小鯖代神楽舞の動画
ちょっとしたミスで、大変なことになりました。
28日の日曜日に、彼岸花と桜でメジャーになった小鯖八幡宮に
動画を撮影するために出かけました。
 
10月の最終日曜日は、秋祭りが催行されてその中で
山口県無形民俗文化財の、「小鯖代神楽舞」が奉納されます。
毎年撮影には出かけますが、今年は動画に挑戦しました。
 
動画を撮影したら、当然編集してエンコードしなければなりません
ユーチューバーとしては、「TouTube」にアップする大切な仕事も
あるわけでして・・・
 
28日の夕方編集し、アップする準備をしました。
21時ごろからアップしましたが、翌朝の9時になっても80%・・・
原因は、4Kでアップしたことです・・・画質を落とすべきでした。
11.3GBのファイルですが、15時間以上かかりました
9時には用事がありましたので、そのままにして出かけましたが
何時に終わったのかよく分かりません、16時には終わっていました(笑)
 
大道芸は、フルハイビジョンに落としてアップしましたが
Kのままアップしたらこうなるのですね(笑)
勉強させて貰いました。
 
それでは、4K動画2015秒・・・暇人は見てください。
 
神楽舞の内容及び順序は次のとおりです
  1. 祠を中心に大太鼓,小太鼓,鉦,笛の奏者が並び演奏を始める。
  2. ひょうげ爺の先導で、宝剣をくわえた獅子が舞い場を一巡りする。
  3. 祠の前に戻ると鼻舞が扇を広げて獅子を揶揄すると、獅子は扇を取ろうと乱舞し始めます。更に鼻舞は扇を簓(ささら)に持ちかえて獅子と舞わせる。
  4. そのうち獅子はむくれて悲観的な舞い姿となります。
  5. そこで鼻舞は獅子を叱咤激励すると獅子は再び陽気になり天高く舞い上がる姿(継獅子と称して人の肩にのり、右手に扇,左手に傘を持つ)となる
  6. もとの姿にもどり、今度は蚤取り(獅子が体についた蚤をとる仕種をする)という舞をした後、もとの舞を数回繰り返して舞を納める。
上記の舞の間、ひょうげ爺とおたまは身振りおかしく男女和楽の所作を
演じて興を添える。
だいたいこんな内容のことらしいです。
 
スポンサーサイト




  1. 動画・予告編
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

イクジー

管理人:イクジー
イクジーブログへようこそ!
ようこそお越しくださいました、心から歓迎します。
基本的に、「群れない、媚びない、驕らない」を生きる信条としております
宜しくお願い致します。

ここは素人写真と情弱ジジイのパソコン情報のブログで、画像は毎回アップしますがたまにしか撮れません。
また、パソコンに関する情報を掲載しますが、鵜呑みにして実行しないようにお願いします。
実行する際は、信用が置けるサイトの記事を自己責任で実行してくださいませ。
PCのハード、システムに変更を加える際は、全て自己責任でお願いします。

シンプルアーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

br br

« 2020 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -